日本共産党 新座市議会議員 石島よう子
ホーム プロフィール ギャラリー ブログ
プロフィール
石島よう子
1962年東京都生まれ
八石小、第五中、川越女子高、十文字女子短大
初等教育学部卒業
学童保育所指導員歴17年
新座市議 5期目
〈現在:副議長・建設常任委員会委員〉
厚生常任委員長、シルバー人材センター理事
など歴任
家族は夫と一女 趣味は琴
活動地域
野寺、栗原、片山、道場
こんにちは 石島よう子 です
「安倍政権のやりたい放題にストップをかけて」「年金では暮らしていけません」「先行きが不安で、人生の大きな決断ができません」「格差のない社会に」。寄せられた切実な声を受け止め、安心できる暮らしを守るために頑張ります。
 数の力で強行された戦争法、子どもの成長に携わってきた私も許せません。平和を守る大きな流れをご一緒につくりましょう。
平林寺半僧坊大祭で市民に「戦争立法反対」署名を呼びかける
平林寺半僧坊大祭で市民に「戦争立法反対」署名を呼びかける
朝霞県土整備事務所に県道等の改修を求める
朝霞県土整備事務所に県道等の改修を求める
誰もが利用できる介護保険に! 塩川、梅村衆院議員と一緒に厚労省交渉
誰もが利用できる介護保険に! 塩川、梅村衆院議員と一緒に厚労省交渉
市民の声で政治を動かします
子ども医療費無料化を実現
子ども医療費無料化を実現

「子どもが具合悪くても給料日前は通院を我慢させてしまう」私はそんな母親の声を市議会で紹介し、子ども医療費無料化と窓口払い撤廃を要求、小6、中3、ついに「高3まで無料」となりました。
「市民アンケート」の声をもとに県と交渉し、県道を改修。大型道路より身近な生活道路の改善を。市民の声で、市政を動かしましょう。

”女性の目線”で福祉を充実します高齢者、障がい者の福祉充実
生活道路改善を
生活道路改善を

 私事ですが、転んで骨折した義父は、退院後自宅(UR三階)に帰ることが出来ず、透析患者でもあるので、受け入れてくれる施設探しが大変でした。
 義母も見送り、施設不足や医療費助成を痛感。特養老人ホームの増設など、介護を経験した”女性の目線”を活かします。

子どもに最良の環境を少人数学級!若者の就職支援を
「つくしんぼ」(野寺小学童保育)のキャンプで川遊び
「つくしんぼ」(野寺小学童保育)のキャンプで川遊び

「プレハブ造りの保育室は室温が37度。夕方になると子どもがぐったりして鼻血を出す」「学校のトイレは汚くてイヤ、と走って帰ってきます」
 私は、学童保育の実態を議会でぶつけ、現在ではすべての学校、保育室にエアコンが整備、トイレも奇麗になりました。少人数学級を実施させ、学びの環境をもっと良くしたい。

▲プロフィール トップへ
市民の皆さんと要望してきたことが実現しました!
「福祉切捨て」を白紙撤回させる。
18歳までの医療費無料化。県内40市で唯一
ガン検診、特定検診の無料化。
小中学校全教室にエアコンを設置。
家具転倒防止器具、防災ラジオの支給。
固定資産税の賦課誤りの是正。約8億円を市民に返金。
高齢者相談センターの充実。
第一保育園 、第二保育園、北野保育園の建替。
市民会館、中央図書館の耐震補強とリニューアル。
フットサル(ミニサッカー)を大和田運動場等で実現。
堀ノ内少年運動場の拡張、防球ネット増設。
私道の公道化条件の緩和。地権者8割の同意で可能に。
新座市緊急運転資金融資の限度額を500万円から1000万円に。
住宅リフォーム助成制度が増額に。経済波及効果は25倍。
新座市営墓園の斎場を改修。和室を洋室になど。
貴重な雑木林を保全する「いこいの森」西堀と野寺に増設。
 | ホーム | プロフィール | ギャラリー | ブログ |