日本共産党新座市議会議員団
トップ
写真館
市議会報告
議員団紹介
政策・実績
にいざ民報
イベント情報
リンク集
← 前号  |  インデックス  |  次号 →
にいざ民報

2018.2.25  No.1755
日本共産党新座市委員会
3000万人署名にあなたも


 安倍9条改悪やめよ!
 3000万署名にご協力を

国保税値上げが大争点に
福祉型児童発達支援センターを建設
3月予算議会はじまる

 2月20日から3月23日までの会期で3月予算議会が始まりました。

 一番の争点は市民の約23%が加入する新座市国民健康保険税の値上げ条例です。(一人平均4641円、一世帯平均7340円)国保会計は3・5億円もの繰越金を出す黒字会計であるのに、広域化をきっかけに国保税を約1億9000万円も引き上げて基金に積み増しすることが分かりました。

 市長提出議案は条例22件、当初予算8件、補正予算8件のほか、旧庁舎を解体する工事契約案件1件、金子廣志教育長任命などの人事案件2件等、計44議案です。
 主な新規条例は市長、副市長の給与1割減等の「給与特例条例」の他、「新座市自殺対策推進協議会条例」緑化保全のための「新座グリーンスマイル基金条例」福祉の里図書館や分館を指定管理可能にする「新座市立図書館条例」などです。
 「介護保険条例」は今後3年間、すべての所得階層で介護保険料を2300円〜1万6000円値上げするものです。

 平成30年度の重点事業は、1シティープロモーション推進(新座の魅力発信)2オリパラ推進などを新しく始めますが、新座駅北口土地区画整理事業10億円、大和田二・三丁目土地区画整理事業30億円など相変わらず大型事業が中心の予算です。

 共産党市議団が「先延ばしするな」と要求してきた(仮称)児童発達支援センター(みどり学園とわかば学園を統合する障がい児支援の通所センター)の建設(5億4519万円)が始まります。
 議会傍聴においで下さい。
市民の願い一部予算化
児童発達支援センター建設・5億4519万円。老朽化していた障がい児施設の統合、相談支援体制の整備のため建設。来年10月開園をめざす。
自殺対策推進協議会の設置・443万6千円。国の自殺総合対策大綱に基づき計画策定をと辻実樹市議も議会で提案。協議会15人、6回開催予定
市営墓園バリアフリー化改修工事・479万6千。公衆トイレ、水汲み場などの段差解消をと芦野市議が議会で要求。
止水板の設置補助・400万円。建物への浸水被害軽減を図る止水板の設置半額助成。工藤市議等が要求。
●高齢者日常生活用具給付に感震ブレーカーを追加。石島市議は設置補助をと要求。
ねつ造データーで「働き方改革法」は撤回を!
野党6党が合同ヒアリング
野党6党が合同ヒアリング

 安倍首相は「裁量労働の方が一般労働者より労働時間が短いデーターがある」との答弁を14日撤回し謝罪しました。一般労働者の労働時間は1カ月のうち「1日で最も長い残業時間」、裁量労働者は最も多くの労働者が属する1日の「労働時間の状況」を調査し、調査方法が全く異なることが判明したのです。

 厚労省は2015年以降、今回明らかになったデータを使って裁量労働制で働く人が一般労働者より労働時間が短くなっていると繰り返し答弁してきました。

 日本共産党、立憲民主党、希望の党、民進党、自由党、社民党の6野党は合同で厚労省にヒアリングを実施。ねつ造したデーターで国会と国民を欺いてきた事実は重く、裁量労働制の拡大を盛り込んだ「働き方改革」法案を提出する資格はないと迫っていくものです。 

石島陽子市議が副議長に
小野大輔市議が建設常任委員長に
芦野修市議が新庁舎建設検討特別委員会委員長に
 3月議会が開会され、正副議長と、4常任委員会所属委員と委員長を選出しました。

 議長には島田久仁代市議(政和会)、副議長には石島陽子市議を選出しました。建設常任委員長には小野大輔市議が選出されました。また、特別委員会所属委員を選出し、新庁舎建設検討特別委員会委員長に、芦野修市議が選出されました。
(下表)
常任委員会所属委員
特別委員会所属委員
介護保険料
毎月193円〜1355円の値上げ案
 介護保険料は3年に一度見直しが行われます。今年4月から3年間(H30年度〜32年度)の介護保険料が3月議会に提案されました。

 第5段階を基準額として、収入による12段階の保険料です。下表の通り、月額で193円〜1355円の値上げ案です。

 要介護(要支援)認定者は、昨年が6千463人で、今年度末の認定者の見込みは6千496人と33人しか増えないと見ているのに、来年度は6千850人と354人も認定者が増えると見込んでいます。(来年度の65歳以上の人数は4万1千612人)
↓クリックすると拡大表示します
介護保険料 現行と改定後の比較
国保税値上げはきわめて異常
 今回の国民健康保険税の値上げは極めて異常です。

 異常性の第1は、黒字会計なのに値上げをすることです。平成29年度で2億2734万円も基金があり、お金が残っています。平成30年度に約1億9000万円値上げしますが、それを使わずに値上げ額以上の2億1000万円をさらに基金に積み立てます。「医療費などが多くかかり赤字になって値上げする」というのが普通の値上げパターンですが、今回は黒字なのに値上げし、その値上げ分をそっくり預金するという異常なものです。

 第2は7年連続で値上げするということです。一人当たり平均3万円値上げという大規模な値上げも今までにないことです。市民のくらしを破壊する値上げは許せません。

 第3は一般会計繰入金をゼロにするための値上げということです。国民健康保険制度がスタートした時は、支出総額の50%を国が負担していました。それが減らされ続け現在は20%となっています。国が減らした分を国保税の値上げ(市民の負担)と一般会計繰入金(市の負担)で埋め合わせてきました。国の負担金を元に戻すことをせずに一般会計繰入金をゼロにすることなど認められません。

 年金生活の方から「私たちの値上げ額はどれくらいか」との質問がありましたので、具体例をあげ、説明します。

 夫68歳 厚生年金月額15万円、妻66歳 国民年金5万円、固定資産税6万円の世帯の場合は、平成29年度の国保税は6万5100円(所得は60万円、均等割と平等割は5割軽減)です。平成36年度の国保税は8万3700円で1万8600円の値上げとなります。

 夫72歳 厚生年金月額18万円、妻69歳 厚生年金12万円、固定資産税6万円の場合は、平成29年度国保税は13万8100円ですが、平成36年度は、20万300円となり6万2200円の値上げとなります。
第33回 脱原発にいざウォーキング
「原発いらない」の声を
第33回脱原発にいざウォーキング

 2月18日、脱原発にいざ市民の会主催で「第33回 脱原発にいざウォーキング」が行われました。
 参加者は50名でした。
 次回の脱原発にいざウォーキングは4月15日(日)13時半から開催する予定です。

← 前号  |  インデックス  |  次号 →