日本共産党 新座市委員長  あさか英義
ホーム プロフィール ギャラリー ギャラリー
プロフィール
あさか英義
1949年 新潟県柏崎市生まれ
新潟県立柏崎高校卒
元新座市議会議員 10期 37年
副議長、総務常任委員長、厚生常任委員長など歴任
2016年7月 新座市長選挙に挑戦
2017年10月 衆議院選挙に挑戦
日本共産党 新座市委員長 西部東地区常任委員
家族は妻 新座市栄在住
 29歳から新座市議会議員に連続10期当選し、市議会副議長、総務、文教、厚生常任委員長、日本共産党市議団長などを歴任。優しく誠実な人柄は党派を超えて人望を集めています。
 福祉サービスを切りすてる市の「行革」に対決し、子育て世代や障がい者、お年寄りに住みやすい街をと37年間奮闘。国保税引き下げ、市内循環バスの改善など実績ゆたかです。
市長選初日、伊藤 岳 参議院議員の応援をうける あさか英義 候補(2020.6.28)
市長選初日、伊藤 岳 参議院議員の応援をうける あさか英義 候補(2020.6.28)
衆議院選挙、志木駅南口で力強く第一声をあげる あさか英義候補(2017.10)
衆議院選挙、志木駅南口で力強く第一声をあげる あさか英義(2017.10)
塩川鉄也衆議員議員とともに街頭から政策を訴えるあさか英義(2017.9)
塩川鉄也衆議員議員とともに街頭から政策を訴える あさか英義(2017.9)
「国保税を引き下げよ」市長(当時)に署名を提出するあさか英義(2009.11)
「国保税を引き下げよ」市長(当時)に署名を提出する あさか英義(2009.11)
 | ホーム | プロフィール | トピックス | ギャラリー |