日本共産党新座市議会議員団
トップ
写真館
市議会報告
議員団紹介
政策・実績
にいざ民報
イベント情報
リンク集
← 前号  |  インデックス  |  次号 →
にいざ民報

2017.12.24  No.1747
日本共産党新座市委員会
3000万人署名にあなたも


 安倍9条改悪やめよ!
 3000万署名にご協力を

新座駅大屋根の雨漏り 抜本対策を
 「ここの雨漏りはいつ直るの?」「雨漏りはどうなっているの?」新座駅を利用する方、駅周辺の店舗の店員などからの声です。
 あしの修市議は、平成27年12月、平成28年6月議会で新座駅南口駅前大屋根の雨漏りについて質問を行っていますが、現在もまだ改善されず、今12月議会で再び一般質問を行いました。
あしの修議員
あしの修議員

 あしの市議は、当時の須田市長は前回質問時に「まだ雨漏りがしているという事で、弁解の余地もありません。市長以下しっかりと反省させていただき早急な対応をとらせていただく」と答弁しているが、一体どのような反省を行い、どう対応してきたのかと質しました。

 並木市長から、「雨漏りがしている個所を修繕させていただき、改善してきたが、まだ雨漏りがしているとの事で、再度雨漏り個所を調査し、塩ビシートを覆うなどの対策をしていきたい」と答弁がありました。

 あしの市議は、「毎回、毎回同じようなやり取りで前回質問時にも言ったが、抜本的な改修計画を立て対応しなければ根本的な解決にはならないのではないか」と再度執行部の見解を質しました。

 執行部は「屋根一面に塩ビシートを覆ってしまうのではなく、雨漏りの個所を覆う事で一定の改善ができる」との見解に終始しました。

 あしの市議は、「一定のお金もかかるだろうが、前回質問時、当時の部長は『公共施設管理総合計画』の具体的計画を策定する中で検討したいと言っている。しっかりと抜本的な改修計画を立て対応すべきだ」と重ねて要請を行いました。

新座駅南口の屋根
新座駅南口の屋根
共産党「加計学園、森友学園の疑惑解明を」等
国への意見書を提案
 12月議会で日本共産党市議団は下表のように4つの意見書を提案、内2つが可決されました。
(アスベストは陳情採択を受けての意見書)

「森加計疑惑の解明」「原発再稼働中止」は自民・公明の反対で否決されました。
共産党「加計学園、森友学園の疑惑解明を」等 国への意見書を提案
在日米軍は日本を守らない
小池晃さん語る
大学ゼミ生と懇談する小池晃さん=党本部
大学ゼミ生と懇談する小池晃さん=党本部

 12日一橋大学の中北教授、学習院大学の野中教授とそのゼミ学生が日本共産党の小池書記局長と懇談しました。

 ある学生が「トランプ大統領は以前、日本が経費を大幅に増額しないと在日米軍を撤退させると述べていたが」と質問。

 小池氏は、「トランプ氏の二重三重の誤解、無知による発言です」「日本ほど気前のいい国はありません。『思いやり予算』は日米安保・地位協定でも全く支払いの義務のないものです。日本が負担する駐留経費は、日本以外の同盟国26ヵ国が負担している経費の合計を上回る」と説明。さらに、「海兵遠征軍、空母打撃軍、航空宇宙遠征軍という海外への『殴り込み』部隊の拠点が置かれているのは米国本国以外では日本だけ。つまり、日本を防衛するためではなく、地球規模で米軍が展開していく軍隊を日本に置いているのです」と実態を明らかにしました。

(12・14赤旗)

伊方は止まった!原発ゼロに!
脱原発にいざ市民の会がパレード
12月17日 約60名の市民が三軒屋公園から志木駅を元気にパレード
12月17日 約60名の市民が三軒屋公園から志木駅を元気にパレード
実質家賃ゼロ 魅力的な保育士確保策
保育士の家賃助成制度の実施を
 石島陽子議員は12月議会の一般質問で「保育士を確保するため宿舎借り上げ補助を実施せよ」と提案しました。

一人8・2万円の家賃補助 法人保育園に実施=国の制度

 保育園の待機児童解消と保育士の確保は新座市にとっても大きな課題です。国は2013年度から、保育の受け皿拡大に必要となる保育人材を確保する目的で、保育士宿舎借り上げ支援制度を実施しています。保育所等を運営する法人等に対して、保育士の宿舎(アパートなど)を借り上げる費用(1人あたりの家賃は月額8万2千円が上限)を補助することで、保育士が働きやすい環境を整備するものです。
 今年度から埼玉県も東京都のように、国の制度に上乗せする形で補助を始めたので、新座市と法人等はそれぞれ8分の1の負担になりました。

富士見市、和光市、戸田市など近隣市も実施
石島よう子議員
石島よう子議員

 石島議員は「県の担当課の話では、今年度から制度に手を上げる自治体が増え、現在は富士見市、和光市、さいたま市、戸田市など12自治体が実施。近隣の西東京市や清瀬市などでも実施しています。保育園側が家賃8万2千円以内のアパートなどを借りて、保育士さんが家賃実質0円で住むことができるのは、保育士さんにとって魅力的で、条件のいい所に行ってしまうのは当たり前。東京都に隣接し保育士の確保に苦労されている新座市の法人保育園の保育士を確保するため、新座市でも家賃補助制度を実施するべき」と迫りました。

 市長は「家賃補助制度について、財政状況から今年度の当初予算と9月補正予算で見送った」と答弁しました。

 石島議員はさらに「他市の補助も1施設何人まで等条件をつけている。まず条件を絞ってでも補助できないのか」と質問。
 福祉部長は「新座市の公立保育園では、月額2万7千円の住宅手当を出しているので、それで試算したことはある。H30年度、財政状況を考慮しながら検討する」と答弁しました。

保育園に栄養士配置を
給食調理業務委託を急ぐな
 来年度より第一保育園保育園給食調理業務が民間委託化されます。平成13年から市内全中学校と、11の小学校での給食調理業委託化されていますが、公立保育園では初めてです。準備期間が大変短く、不安の声が多く寄せられる中での委託化です。

所沢市は4年間も準備

 所沢市では先だって平成28年10月から給食調理業務が委託化されており、共産党議員団で視察に伺いました。
 所沢市では「委託化ありき」ではなく市当局と現場の保育士や栄養士、調理師も参加する検討会議が4年前から行われています。また、委託化されているのは栄養士を配置している園であり、現場にいる栄養士は週に3〜4日常駐しています。

 辻みき議員は一般質問で所沢市の状況や取り組みを紹介しながら、業務委託の基本的な考え方を問い、「栄養士の配置を」と提案しました。

 市長は「現在の保育園給食は高く評価されている。今後も安心安全の給食を継続する」と答弁しました。

偽装請負の可能性は?
辻みき議員
辻みき議員

 辻議員は「直営の一番の『質』は保育士と調理士が対等な立場で密接なやり取りができることだ。請負契約になると保育士は調理師に直接指示ができない、今までのような子どもの状態に合わせた臨機応変な対応が本当に可能なのか」と質問しました。

 福祉部長は「一番懸念しているところで慎重に対応すべきと認識している。仕様書を労基署にも相談して偽装請負の懸念を払しょくしたい」と述べました。「例えば口の中をけがした園児に傷にしみないような食事をという指示はどう指示出すのか」と聞くと「突発的な対応には苦慮している。先進市について調査したい」と述べるにとどまり委託の問題点が明らかになりました。

栄養士の配置を

現在栄養士は、市に正規職員1名、臨時職員1名で対応しています。辻議員は「保育士と調理師の橋渡し役として委託園に栄養士の配置は必要ではないか」と再質問しました。

 部長は「栄養士を委託園に配置する考えはない、現在の体制で過不足はないと考えている。市に配置されている栄養士の巡回の回数は現在は不定期だが、今後は巡回の回数を何回とは言えないが増やすようにする」と述べました。

9条変えるな!
新座革新懇が署名行動
9条変えるな!新座革新懇が署名行動 9条変えるな!新座革新懇が署名行動
「9条を変えて戦争する自衛隊にするな!」新座革新懇談会は16日新座駅で安倍改憲に反対する3000万署名行動。小野、辻議員も参加しました。高校生が「ほんとに赤紙が来るんですか」と質問。「自衛官が戦死するようなことがあれば自衛隊の成り手が居なくなる」との話に納得し署名してくれました。
← 前号  |  インデックス  |  次号 →