日本共産党新座市議会議員団
トップ
写真館
市議会報告
議員団紹介
政策・実績
にいざ民報
イベント情報
リンク集
← 前号  |  インデックス  |  次号 →
にいざ民報

新年合併号No.1748
日本共産党新座市委員会
2018今年も全力でがんばります
日本共産党新座市議団
日本共産党新座市議団 今年も全力でがんばります
日本共産党新座市議団 氏名と常任委員会
 みなさん、新しい年をいかがお過ごしでしょうか。
 昨年の総選挙でのご支援にあらためて感謝申しあげますとともに、議席後退という悔しさをバネに、日本共産党を強く大きくする活動に全力をあげる決意です。
 国政私物化、憲法破壊の安倍政権をいつまでも続けさせるわけにはいきません。「安倍9条改憲NO!・全国市民アクション」が呼びかけた『3000万署名』を全国草の根の力で集めきろうではありませんか。市民と野党の共闘を発展させ、安倍暴走政治ストップヘ、力を合わせていきましょう。
 申年、酉年、そして今年は戌年。鬼退治に向けて仲間をそろえ力を蓄え、来年の統一地方選挙、参議院選挙へ猪突猛進となるよう、がんぱります。
2018年 元旦
衆議院議員 塩川てつやホームページ 日本共産党 衆議院議員 塩川てつや
参議院議員 紙とも子ホームページ 日本共産党 参議院議員 紙とも子
前衆議院議員 梅村さえこホームページ 日本共産党 前衆議院議員 梅村さえこ
参院埼玉選挙区予定候補 伊藤岳ホームページ 日本共産党 参院埼玉選挙区予定候補 伊藤岳
3000万人署名にあなたも


 安倍9条改悪やめよ!
 3000万署名にご協力を

軍事栄え、生活しぼむ 来年度予算案
 憲法9条改悪、「戦争する国づくり」を突き進む安倍政権が22日に閣議決定した2018年度政府予算案は、歯止めのない大軍拡の一方で、生活保護や医療・介護などを削減。総選挙で公約した「幼児教育・保育無償化」も先送りにするなど国民の願いに冷たく背を向けた予算案です。
 北朝鮮の核・ミサイル問題を口実に、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(1基1000億円・ロッキード社)導入。
墜落事故が連続したオスプレイ(4機393億円)、F35Aステルス戦闘機(6機785億円)など、トランプ大統領の要求にそのまま応じて米国製武器を大量購入します。
 一方で、70歳以上の患者負担限度額の引き上げ、75歳以上の後期高齢者医療保険料の低所得者軽減の縮小、介護保険の利用者負担の2割から3割への負担増を計画。生活保護の生活扶助費を5%減など社会的弱者を痛めつける予算。跳ね返す闘いを!
石神・堀ノ内地区へバス路線の新設を
 笠原進市議は12月議会の一般質問で、「石神・堀ノ内地域のバス路線新設」について再び強く要望しました。
笠原すすむ議員
笠原すすむ議員

 市が行ったアンケートでも94・6%と圧倒的多くの市民がバス路線を望んでいます。

 並木市長は、「10月11日、西武バス本社を訪れ、社長に1466件のアンケートを渡して要望したが、『充分な利用者が見込めるか。車両と運転手を確保するのに経費がかかるが費用対効果の点でどうか。現状では大変厳しい』という事だった」と答えました。

にいバスの運行も検討すべき

 笠原市議は、「私も10月23日、芦野市議と地元共産党支部の皆さんと西武バス本社を訪問し、1974筆の署名を渡して要望した。西武バスは『現段階では路線バスの新設は厳しいので、コミュニティバスを運行してはどうか。うちにやらせてもらえれぱやりたい。コミュニティパス運行から始めて乗客が多ければ路線バスに変更することもできる』」との話だった。引き続き、路線バスを要望しながらにいバスの新設も検討すべきだ。」と述べました。

 並木市長は、「路線」バスの実現に向けて今後も粘り強く努力してまいります。しかしながら、新しい公共交通の検討を行う平成31年度ごろまでに実現の見込みが立たないのであれば、にいバスの乗り入れについて積極的に検討してまいります」と約束しました。
市民アンケートありがとうございます。
中間集計結果
 「新座市民アンケート」にご協力ありがとうございます。今までで過去最高の約1500通余りの返信を頂いています。みなさんの声を活かして市政、国政の改革に取り組んでまいります。

 1 1 6 8通分の中間集計結果(ごく一部)をお知らせします。
問1.あなたの暮らし向きは最近いかがですか?
問4.新座市政に特に力を入れでもらいたいことは何ですか?
(3つ選んでください)
↓クリックすると拡大表示します
問4.新座市政に特に力を入れでもらいたいことは何ですか?(3つ選んでください)
問9.安倍政権は憲法9条を変えようとしています。あなたのご意見は?
問10.消費税10%増税についてあなたのご意見は?
問13.今の政治への不満、ご要望、ご意見をお聞かせください。
日本共産党へのご意見、ご要望もどうぞ。
●自分の親が介護が必要とした時にかかる金額を考えると、とても子どもなんて産める社会ではない。支える者の不安を無くさなければ子どもが増える社会にはならないと思う。(40代)
●自民党への対決軸となりうるよう努力してほしい。(60代)
●共産党は外交が出来れば申し分なく最高の党と思います。内弁慶で自民党ばかり攻撃していては日本の発展はないです。(70代)
●私共の責任もあるのですが、余りにも自民党の横暴政治が行われ、国民不在の新法が次々に施行される現実を見せつけられ本当に腹立たしい限りです。(70代)
●小学校での教材費がかなり負担です。学校の備品として貸出してほしい。消耗品は買わないとダメでしょうが・・彫刻刀とか毎年かなりかかります。中学での制服代etc仕方ないかも知れませんが何とかしてほしいです。(40代)
●自民・公明がやりたい放題。でも都合の悪いことはメディアが報道せずよい印象を与える報道が多くて(ウソ)テレビしか見ない庶民をだましているとしか思えません。アベ政権を終わらせないと日本が終わります。(60代)
●一強の為、勝手なことばかりしたい放題です。野党一丸となり、何とか一矢報いて下さい。
●モリカケ問題で何も説明もしないまま認可され、地検に逮捕されている事など納得がいかない。トランプにいい顔して高価な武器を購入するなどもっての他である。(80代)
●共産党の主義主張はまともです。もっと勢力を伸ばして主義主張が通る様頑張って。もう少し力をつけて下さい。
●日本最高の政党、堂々と政党助成金を受け取ればと思います。(50代)
●政権交代できる野党が欲しい。野党連合でもいい。人口も経済も縮小していく中でも豊かさは実現できると思う。(50代)
●核戦争にならないことを切に願います。(60代)
●高校も義務教育化にしてほしい。保育園の無償化(ひとり家庭)からとかでも。(30代)
<お詫びと訂正>
 先週号(12月24日付)の「国への意見書」の記事の中で、「加計学園、森友学園の疑惑解明」「原発再稼動の中止」の意見書に、刷新の会(平松市議)と日本維新の会(塩田市議)は○とすべきところを×と記載してしまいました。
 また、先々週号(12月17日付)の第三子の学校給食費無料額は2600万円で2600億円は間違いです。
 表記ミスを深くお詫びし訂正させていただきます。
← 前号  |  インデックス  |  次号 →